調査


625 :ゲームセンター名無し :2005/03/29(火) 10:50:52 ID:???
種々の検証に触発されて、自分もちょっと調査を行ってみた。

■アイテムに関する攻撃力の変化

【試行1】
 1P:ラムダ+ヘルファイアソード
 2P:ラムダ+スパイクメイス
 ・お互いにC→Cバーバリアンラッシュを入れて、時間切れの判定を待つ。

 ⇒結果:1Pラムダの勝利。2P→1Pの際、Cがクリティカルになったが1Pの威力が勝った。

【試行2】
 1P:ナーガル+ヘルファイアソード
 2P:ナーガル+スパイクメイス
 ・お互いに屈Cを入れて、時間切れの判定を待つ。

 ⇒結果:ドロー。

【試行3】
 1P:マーラ+デススタッフ
 2P:マーラ+イビルスタッフ
 ・お互いにAゾンビを2回入れて、時間切れの判定を待つ。

 ⇒結果:1Pマーラの勝利。

【試行4】
 1P:ナーガル+デススタッフ
 2P:ナーガル+イビルスタッフ
 ・お互いにCボルトスロウンを入れて、時間切れの判定を待つ。

 ⇒結果:2Pナーガルの勝利。


626 :ゲームセンター名無し :2005/03/29(火) 10:53:34 ID:???
で、以上から推察するに、専用武器のアイテムを選択した場合、チーム全員に影響が与えられるうえに、
その武器の担い手には専用効果としてさらに攻撃力上昇が織り込まれているように思える。
ただ、なにぶん調査手法がアナログ的なものなので断定はできないけども。

次。専用武器装備時に関して、何キャラか気になってたものだけ。
イヴェッタ:通常攻撃に削り付加はない
バルガン:通常攻撃に削り付加はない
ゲルハッセン:通常攻撃に削り付加はない
マーラ:通常攻撃に削り付加はない
ナーガル:通常攻撃に削り付加はない
調べてはいないけど、多分、ゾンも削り付加はないんだろう。

先の事例も踏まえて考えると、大まかに
 打撃系武器専用効果:攻撃力上昇+削り能力
 魔法系武器専用効果:攻撃力上昇+ゲージ増
というふうになっているんじゃないかなと。
ちなみにここで書いている「攻撃力」は打撃・魔法の両方です。

気になるのは、サンドラ、イヴェッタ、バルガン、ゲルハッセンあたりの詳細。
イヴェッタ、バルガンは削り能力がない分それぞれ、アロー2段化、最大弾数増でいいんだろうか。
サンドラとゲルハッセンは、何が起きてるんだろう?


持っているだけで現れるアイテムの効果について

562 :ゲームセンター名無し :2005/03/25(金) 18:38:57 ID:???
「条件ごとに、ニュートラルC何回でKOできるか?」
木偶はノーマルキャラのラムダ・丈夫そうなカースヘッド・柔らかいイヴェッタ
相手のアイテムはポーションやコインなど、影響の出なさそうな物をセレクト。
偶然クリティカルが発生してしまうことがあり、そこは誤差。
本当はクリティカル回数を数えるべきだったが、気が回らなかった。
「+」は+1ドット。少数点以下はおおよそなので目安程度に。

攻撃キャラ     …ラムダ カース イヴェッタ
↓↓↓
装備無ヴリトラ  …9    8,8    7+
ナイトメアヴリトラ …7    7     6
装備無オーク   …9+   9+    6,8
メイスオーク   …6,5    6,5    5,2
装備無サンドラ  …10   10    8
メイスサンドラ  …8,5    8,5     7

おまけ
「フィーナの魔法攻撃Cジャッジメント何発でKOできるか?」
魔法力UPアイテム・スクロールオブマナの有無で調査。アイテムは使わず、持っているだけ。
装備無し       …8,8   9   10
スクロールオブマナ …8+   8    9


見た目が同じアイテムバーストの効果の違いについて

353 :325:05/01/30 02:21:15 ID:???
テストその1
テスト条件

・ヴリトラ対ヴリトラ(シングルモード、アイテム3個)
・アイテムは『1:ナイトメアブレード(以下メア)』『2:メダルオブストレングス(以下スト)』『3:マスターリング』の順(2キャラとも)
・ダメージ比較方法は、それぞれのアイテムバーストを一回ずつ当て放置。タイムオーバー時の判定を待つ。

ダメージ比較
 スト > メア

 複数回テストの結果、変動無し。

同一アイテムバースト
 スト ≠ スト
 メア ≠ メア

 複数回調べてみた結果、ダメージは時々差がでるもののほぼ一定の模様。ランダム?

攻撃判定
 スト:密着ですかる
 メア:密着で当たる

 モーションは同じに見える。

点数
 メア:1200点
 スト:900点


354 :325:05/01/30 02:22:19 ID:???
テストその2
・ムダvsヴリトラ
・アイテム、比較方法はテスト1と同じ

・メア使用時
 ヴリトラ > ラムダ

・スト使用時
 ヴリトラ > ラムダ

 メアブレード補正か?


 テスト回数そのものが少ないので、統計的には少し頼りない事を付記しておきます。ごめん。

戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット